人妻メッセ花市もんめヘッダー画像
【船橋デリヘル】

人妻メッセ花市もんめ
女性一覧

船橋近郊・各駅待ち合わせ
営業時間: 10:00 ~ 24:00
TEL: 047-302-9436
割引を受けるには、人妻風俗一番館を見た!とお知らせ下さい。
人妻メッセ花市もんめトップページ人妻メッセ花市もんめの体験・口コミ情報人妻メッセ花市もんめの在籍女性(女の子)一覧人妻メッセ花市もんめの写メ日記人妻メッセ花市もんめの出勤情報人妻メッセ花市もんめの割引クーポン人妻メッセ花市もんめの料金表人妻メッセ花市もんめの求人情報

人妻メッセ花市もんめの在籍女性一覧

の「宮下典子」さん

宮下典子

得意技:
疎いので…よくわかりません。得意は無いです、すみません。
ごめんなさい、そういうことには疎い方とお友達にもよく言われてしまいます。 もちろんえっちなことが嫌いなわけではありませんが…。なんとなく身を任せるようになってしまうことが多いのです。 いろいろと教えてくだされば、覚えようと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。
待ち望む声の多かった超人気奥様♪ついに復帰決定です!

清楚、上品、美形。そんなありきたりな修飾語が陳腐に響いてしまうほどの、何かもっとぴったり来る表現は無いものかと探してしまうような素敵な奥様です。
美しい女性を見たとき、無意識に誰それに似ているな…と記憶をたどってしまう…、そんな癖がわたしには有る。今回、初めてこの奥様“宮下典子”に出会った時も同じように記憶へのアクセスが始まった…。しかしながら誰かに似ているな…と思いつつもついぞその記憶を確定させることが出来なかったのです…。
“おじさん”で有るこの喜多、わたくしもいよいよ物忘れの境遇に突入か…寂寞とした思いに苛まれましたが、突然フラッシュ・バック…アハ体験となったのです。
彼女、“宮下典子”は女優の『川島な○美』さんにとてもよく似ているのです。シャープなあごのライン、形のよい唇、端整な顔立ちは『顔面相似形』と言っても過言ではないと言い切れます。

なにゆえそれが思い出せなかったのか?それには理由が有りました。
実はわたくしは川島○お美さんが、さほど好みのタイプではない。その理由は(ごめんなさい!)川島さんのキャラクターというか、あの何か鼻につく高慢な感じ、気位が高いその様子を“アンコンシャス”無意識に、意識の中からオミットしてしまう…からなのだ。
思い出せなかった理由はそこだったのです!すなわち、彼女“宮下典子”は川島N美さんとは対極的な性格、育ちの良さを感じさせる、その上品な立ち居振る舞い、しかしお高い様子などは無く、気さくにお話にも応じてくれる…朗らかで優しい、勝ち気なところなど全くないその様子が、わたくしの連想を呼び覚ますことなどあり得なかった訳です。

お話をしながらも、つい引き込まれ、Sっ気な気分が…。
面接をしながらちょっと意地悪をしたくもなってしまいました(汗)それは小学生が好きな女の子に意地悪をしてしまうという、そんな感じだったのかも知れません。(当然、当店は“デリヘル店”ですので、エッチな質問も多少はございます。)
そんな質問に耳まで紅らめながら、うっすら瞳を潤ませながら、わずかに早口になりつつも受け応えしてくれる彼女の様子は…わたくし期待感に胸が熱くなってしまいました!
「素敵なおじさまならグッと抱きしめられるとそれだけで身体が熱くなってしまいます…」とのこと。なるほど彼女の自己申告どおり!どこもかしこも敏感な受け身な奥様のようです。

わたくしは店長として胸を熱くするのはここまで。この素敵な奥様を自信を持って当店のお客様にお披露目致します!
の「西谷美沙子」さん

西谷美沙子

忘れ得ない記憶…。

人はそれぞれ、生きてきた中でどうしても忘れ得ない思い出を持っているもの。
その記憶は不意に、有るきっかけで蘇ってくる…。
それは“香り”の記憶であったり、“味”の記憶であったり、“映像、風景、シチュエーション”の記憶であったり…。

以前に恋いこがれた女性がよくつけていた香水の香りを、忙しく動いている街なかで嗅いだ時、不意に時間が緩やかに流れはじめたような不思議な感覚とともに、かの憧れの女性を鮮明に思い出す…などということを経験した男性は多くおられるだろうと思う。
“…地下鉄のコンコース あふれる靴音 顔の ない波が 僕をのみこんでる…”で始まる鈴木雅之さんの『時おりぼくは』は、そんな男心を歌い上げた名曲だと思う。
…似ている背中、今も目にとまる~♪の一節はそんな刹那を切り取った歌詞だ。

ほんの2~3㎝のスポーツ新聞の記事にそのポーズの女性は写っていた。
腰掛けた女性が前に足を投げ出したポーズ、どういう訳かこの写真をわたしは忘れられずに覚えている。
美脚、というより女性らしい滑らかなライン、女の子チックなテイストを感じるこの脚線を、今までも女性を撮影するたびに思い出してチャレンジし続けてきた。しかし、どういう訳か一度として思い通りの仕上がりにならなかったのだ。

彼女にこのポーズをリクエストして撮影した時、驚きとともに嬉しさがこみ上げた。
まさに思い描いていたラインなのだ。モデル系のすらりとまっすぐに伸びた脚とは少し違う。小さい頃に親御さんに大切におんぶ、だっこをされて、愛情を惜しみなく注がれた女の子(←とは過剰な妄想のしすぎか…苦笑)に特徴的な、特に膝から下への女の子らしいカーブライン…。

なるほど!この女性はそこだけでなく、腰のくびれも、デコルテから柔らかなバストへのラインも、柔らかでしっとりとした肌つきも、バランスが極上なのだと、撮影をしながら気付いた。

わたしの拙い写真撮影であっても損なわれない、魅力に溢れた躯。
女の子らしい可愛らしいその性格もあいまって、人気が出るに違いないと確信している奥様です!
是非お早めにお問い合わせを!お待ちしております。
の「小峰かな」さん

小峰かな

得意技:
オジサマのご要望通りに奉仕しますので、何なりとおっしゃってください。
自分では家庭的な女だと思ってはいるのですが、どうやらアッチのほうだけは家庭的ではないようなのです。オジサマのギャップにキュンとなって抱きしめてあげたいと思う半面、オジサマならではテクニックでもう一度潮を吹いてみたいとも思っています。こんなわがままな私の願い、叶えてください。
女性との距離をぐっと縮める最大のコツは飾らないこと。とはいっても実際にはなかなかそうもいきません。気に入られたい、嫌われたくないと思うばかりに、必要以上に遠慮したり、カッコつけたりしてしまうものです。でも、せめて遊びのときくらいは、素直に女性に甘えてみませんか? かな夫人の前でなら、どんな男性も素の自分を晒け出せるはずです。
ルックスははっきり言って「美人」です。あまり安易にこの言葉を使わないようにしているのですが、彼女は自信を持ってそうご案内できます。美人だと緊張してしまいますか?でもご安心を。美人特有のクールな感じは一切ございません。笑顔が似合う柔和で暖かい女性です。男性の容姿もまったく気にしない、それどころか二枚目は好みじゃないというのですから、気後れする必要も一切ありません。会っていただければ分かると思いますが、本当に男性の心を素直にしてくれる女性なのです。

そんな夫人は根っからの愛犬家。愛するワンちゃんが自分にじゃれついてきたり、夢中で飛びついてきたりすると、さらに愛しく思えてくるのだそうです。
「私にしか見せない仕草が、もう可愛くって可愛くって、何でもしてあげたくなっちゃうんですよ」
さて、肝心なのはここから。実は彼女、愛犬に対してだけでなく、男性に対しても同じような感情を持つらしいのです。たとえば、身なりのきちんとした紳士がドMに豹変したり、気難しい頑固者が赤ちゃんのようにぐずってみたり……、そんな自分にしか見せない姿を見せてくれたら、そのギャップにキュンとなって何でもご奉仕してあげたくなっちゃうのだとか。普段は見せない貴方の素顔を遠慮なく晒け出してください。キュンとなった夫人にたっぷり可愛がってもらって、精神的にも肉体的にもスッキリできること請け合いです。

ご奉仕だけではございません。三十路ならでは脂の乗ったボディーラインは濡れやすく感じやすく、責め好きのお客様にも楽しんでいただける逸品。かつて旦那様以外の男性とのアバンチュールで一度だけ『潮吹き』を体験したことがあるそうです。
「ただイクのとは全然違う本当に昇天してしまうような感覚がいまだに忘れられないでいます。全身がアツくなって……。もう一度感じたいです……」
絶妙な指遣いで(激しくするだけではダメですよ)二度目の『潮吹き』を叶えてあげてください。もし達成された暁には、ぜひ事務所までご連絡を。そのテクニックを私たちにもご伝授ください(笑)。


かなろぐ d(*^-^*)bさんのブログ
http://kanakanahappy.blog109.fc2.com/
の「松島聡美」さん

松島聡美

得意技:
男の人の感じてる顔ってとても興奮します。淫らに奉仕させてくださいね。
いまや、人妻風俗店でも一大勢力となっている四十路美女。師走の人妻メッセにも、“アラフォー世代”の美熟女が入店しました。元トヨタショールームの受付嬢。礼儀正しい応接の裏側に隠された四十路妻の性。単調でマンネリな生活に刺激が欲しかったという聡美夫人。発情のスイッチは「好き」という単純な言葉とか。かつて四十代の奥様を中心に巻き起こった「冬ソナ」ブーム。あの現象を見ても分かる通り、四十路女性は“純愛路線”に弱い。家では妻であり、母親。一人の女であることを忘れていても心は乙女。愛する男との愛を貫く姿にどうしても惹かれてしまうのです。自分が失いかけている世界があそこにあったのだろう。その結果、「好き」というまっすぐな愛の言葉に発情してしまう。
「自分でも驚いているのですが、この歳になって急にエッチが良くなってきたんです」
そう告白してくれた聡美夫人。優しいだけじゃイヤ・・・激しく求められたいとも。
背徳、耽溺、恍惚、艶熟、妖艶、柔肌、疼き・・・

濃密に溢れ出る現役の女のオーラ。現役の女の身体。そして、身体の深奧から溢れ出る淫らな汁も現役の女の証。お昼をすませた、そう、ちょうどメロドラマが放映される頃、なぜか身体の芯がチロチロと・・・。豊満なEカップバストの頂を甘くいじり、淫らな欲望に火をつける。

変身、覚醒、芳香、微熱、不貞、欲情、誘惑・・・

貴方は聡美夫人に何を感じるのだろうか?心も身体も昇りつめた時、獣の叫びが部屋中に響き渡る。女の盛りは甘く熟した香りを放つ四十路です。
の「田島由子」さん

田島由子

得意技:
舐めるのは好きです。
いやらしくご奉仕しちゃいますね。 たのしいひとときを一緒に過ごせたらうれしいです。
◆やっぱり“美脚”でしょ?長身スレンダーな上品セレブ女性

当店は厳選採用を常々謳って居りますが、毎回リリースする時の女性の形容には困り果ててしまいます。
それは採用した女性がどの女性も素晴らしく、表現が似通ってしまうためです。
ですがどの女性もそれぞれに魅力に満ちあふれた女性なのです。

まあご覧下さい!
彼女の美脚ぶりはご覧いただけばよくお分かりいただけるでしょう。
落ち着いた上品な雰囲気まではお写真では充分に感じ取っていただけないでしょうが、そこはわたくし喜多が保証致します。
女優“田島令子”さんにどことなく似た雰囲気の上品・洒脱な物腰、ですが普段はカジュアルな感じ、パンツルッ
クを好むなど、明るくさばけた雰囲気も兼ね備えて、こうした雰囲気の女性を好む方はかなり多いだろうと存じます。

不倫の情感を好む男性は、ご自身の伴侶や彼女に無い雰囲気を持つ女性を探すもの。
それはきっと不倫パートナーに女性としての高い価値を見いだすからこそ“溺れたい”と感じ願うからに違い有りません。
その意味では、貴方はこの“田島由子”とお逢いすることをお勧め致します。
長身スレンダーなモデルばり極上ボディ、美脚は当店の厳選採用基準からしても優良、クールな雰囲気、整ったマスクも素敵な女性です。つまり“滅多に居ない”極上の女性、雰囲気のある女性なのです。

こんな女性が貴方に素肌を晒し、火照らせ、紅潮していく様子を想起したのなら迷わずお問い合わせ下さい。
お待ちしております!
の「富永ゆりえ」さん

富永ゆりえ

得意技:
性技ではないのですが、マッサージが得意です。
本当にお恥ずかしいのですが、女性として意識されること、これがいつまでなのか…が気になる年齢になってしまいました。 正直申しますと、ひとりの女性として“このままでいいのかな”って思ってしまって…。 いけないことなのはわかっていますが、赦してください…。女性として満たされたいのです。 優しく愛してくださる方に巡り会いたいです。
【お写真NGとなりました】

以前、こんな内容の記事を読んだ事がある。
フランスだったか、イタリアだったかの彫塑をその作品の中心としているとある芸術家が、さる実在の女性を“彼女自身が芸術作品である”と認定し、絵画や塑像に自身の作品を遺さなかった…というものだ。
すなわち、彼女自身の生き方やポリシー、立ち居振る舞い、その発する言動にまで、そのすべてが芸術であると、自身の制作する絵画・塑像の中にその内在するすべてを表現出来ないため、“生きたまま”芸術作品として認定するという趣旨だったと記憶している。
確かにわたくしも女性の魅力は、その面立ちや、スタイルなどの外見上の特徴だけがそのすべてでは無いと思っている。
どんな科白を、どんなタイミングで、どんなトーンで、どんな声音で発するのか、あるいはどんな所作を、どんな時に、どんなスピードで見せるのか、見られる意識の元で行っているのか、自然に出ているものなのか…。
それらですら一部でしかないが、総じてそうしたものはこれまで“生きてきた過程、経験、習熟度”が顕れるものだと思っている。

気さくで、ざっくばらん、親しみやすさといったキーワードで顕される女性がいるが、わたしが思うにそれは変化球なのだ。
本当に身に付いた上品な所作や言葉遣い、すなわち古来より日本女性の美徳とされたものが身に付いている女性こそが王道=剛速球のストレートなのだ。

そうした意味で今回ご紹介の『富永ゆりえ』はまさに王道の女性、あたかも阪神タイガースのクローザー=藤川球児(余談だがきっと2011年のオールスターでもそのストレートでファンを楽しませてくれるだろうと思っている。)のストレートなのだ。

構えないでいても自然に醸し出される上品さ。それは自由奔放に生きる現代女性とは比べるべくもない束縛された生き方のなかで培われた“本物”なのだ。由緒正しい家柄のご令嬢として、思うような男性との交際などは許されない、厳しく監視されたような暮らしの中で培われた紛う事無き本物の“慎ましやかさ”を備えた大和撫子が『富永ゆりえ』なのです。

片手にさえ余るお付き合いのあった男性の人数…。
知らなければ求める事も無いのでしょうが、しかし男性との“睦言の味”を知ってしまった熟れ盛りの30代後半の女性としては…『あと少し、もう少し…』と求めたくなってしまったのです。

彼女の名誉のため、念のため付け加えますが、写真をご覧いただいてもわかるとおり、その楚々とした佇まいは、すらりと身の丈164㎝、しなやかに伸びた手足、腰からお尻にかけてのなだらかな魅惑の曲線。文句の付けようのないプロポーションです。
当店のユーザー様だけが知る事の出来る嘘偽りのない“本物”の上品さを備えた、しかも抜群なプロポーションで、当然全くの未経験の女性なのです。
…こんな女性が消え入るようなか細い声で「足りていません…」と、そう宣うのです。
貴方!日本男児として放っておけますか?彼女に存分に“悦び”を覚えさせてやってください。
の「八木沢菫」さん

八木沢菫

得意技:
ご指導下さると嬉しいです。
女性が男性からの愛情を感じるのは、 “どれだけ尽くされているか”を感じた瞬間であるらしい。
女性は自分が男性にどれだけ大事にされているかをいつも非常に気にしているものなのだ。だからこそ高いものを贈ったり、高級なレストランに連れて行ったり…ということになるのだが…
様々ある、女性を大事にするという行為の中で、非常に効果的なアピールのひとつが『時間』である。すなわち、とても忙しい中でもデートの“時間”を苦労しながらつくる…ということは、ベタだがどうやら非常に効果的なのだ。
そして女性という生き物はまた、“一芸入試”のように、とてもよいところをひとつ認めると、他の欠点に目がいかなくなるという特性を持っている。
男性から見るとどうしてこの人が?という男性が女性からの評判がとてもよいというようなことが、ままある。背は低いし、後頭部は薄くなりつつあったり、三流大出身であったり…それなのにどうして自分より評判がよいのか…などということだ。
そのひとつの答えが前述の特性なのだ。貴方が“冴えない”と思っているその男性には、女性に非常にアピールする点を何か持っているということなのだ。

逆に、非常に怖い話だが、女性がどうしようもなく不愉快に思う欠点がひとつだけあると、その女性は“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”状態になってしまい、とりつくシマもなくなってしまう…。多かれ少なかれこんなことを経験している男性は多いはず…。決定的な不快感を感ずると、女性はその相手の全人格まで否定してしまうおそれもあるのだ。
だからこそ、前出の“時間”のように、上手に“貴女がとても大事”感を演出しなくてはならない。

八木沢 菫(すみれ)は、彼女自身とても朗らかで愛嬌のある、さばけた素敵な女性なのにもかかわらず、残念ながら彼女のご主人は“気付かないタイプ”のようだ。
彼女が今までで“もっとも気持ちのよかったえっち”を尋ねてみたところ、残念ながらご主人では無く、30歳を過ぎた頃に1人だけ体験した不倫相手だったそう…。彼女自身は女性として花開いた肉体を持っている、そしてもちろんえっちの好きな“1人のおんな”なのです。
全くの風俗未経験、受け身で感度よいボディ、またまた皆様に是非ともお勧めしたい女性です。

(受け身で完全未経験の女性です。不慣れで△印の多い女性ですが、優しくご指導下されば幸いです。)
の「水谷明日香」さん

水谷明日香

わたくし喜多は女性のお尻が大好きなんですね。
以前にも書きましたが、街行く女性の後ろ姿に見とれてしまうなんてことは日常茶飯事…。

彼女を見て、まず目に飛び込んだのはやはりそこでした。
柔らかな素材のスカートにくるまれたその部分は…重力に抗して見事に張ったまあるいお尻!
女性には失礼な話なのですが、補正下着などを着けているのか聞いてしまったほどです(汗)
しかしながらそれは全くの“天然素材”有ることをご報告致します!
本人曰く「20代の頃に比べるとトップの位置は下がってきた…(汗)」などと宣いますが…。いえいえ満員電車に居たら変な気持ちにさせられてしまう素敵なお尻ですよ(笑)
お写真を見ていただければそのぷりっとしたお尻の丸みをご覧いただけます。

さて、スタイルや造作は素敵であっても、それだけでなく気になるのはその性感は…?ということですが…。
こちらも太鼓判です。お尻といわず、背中といわず、首筋といわず敏感に感じるタイプのようです。
それもそのはず。
聞けばかなり性に奔放な様子。えっちなことに興味津々な若妻さんなのです。
20代の頃からかなり年上の男性が好きで(今流行なのでしょうか!?)、年上の男性とお付き合いしてきたようです。
ですから“閨でのしつけ”も行き届いた若妻なのです。ご主人さんは至ってノーマルなご趣味のようで、たまには自分を解き放ちたい!ということも応募のきっかけだそうですから、彼女とのプレイはウレシハズカシ、いちゃいちゃとお楽しみいただけるのは間違い有りません。
是非とも彼女の“愛情フェラ、真心ご奉仕”をご堪能下さい!

こうした女性は背中にもお尻にも耳元にも、優しく愛撫を繰り返しながら、じっくりとじらし責めを施すと「もう。。。早くぅ。。。」などと鼻を鳴らしてその先をおねだりしてくるものです。
M度の高い貪欲な奥様ですから、照れていようと何だろうと、敏感な“とがり”に舌を遊ばせながら菊のとびらに指腹を当て、優しく揉み込みながらその嬌声を楽しむもよし。
そして仁王立ちにて丹念な“お掃除フェラ”を言いつけるもよし。
若妻では有りますが、充分に“閨でのしつけ”を施され、性感の花開いた奥様“水谷明日香”を味わい尽くしてみて下さい。
の「笹森美帆」さん

笹森美帆

得意技:
ごめんなさい、よくわかりません。
自分ではそれほど意識が無いのですが、割りとM度が高いらしいのです。 男性のなさりたい事を素直に受け入れる事が自分でも興奮するきっかけのような気がしています。 楽しくご一緒出来るよう心がけますのでよろしくお願いします。
思わず触れてみたくなる…柔らかな巻き髪、そのボディーライン・その美脚…

妙齢女性に人気のファッション誌『ストーリィ』に載っていても不思議に感じないほどの完璧なスタイル!これほどのモデル級のスタイルを保っている、“奇跡の”アラフォー奥様がめでたくも当店に在籍することとなりました。

会員の皆様、おめでとうございます(笑)って、あたしゃ某優勝チームの監督か(笑)
ですがそのくらいに思える“真夏の夜の夢”…いや、夢ではないのです。
貴方はお電話下されば、この女性と会う事が出来るのです。これを“おめでとうございます”と言わずになんと言いましょう!

その大きな、澄んだ瞳はまるでこちらの背中を透かし見ているかのような、不思議な色を湛えている…
これほどの美貌を保ちながら、穏やかで優しげ、スレンダーな女性を好む男性なら、これはもう間違いないでしょう。

実はこの笹森も体験出勤を長くしていましたが、同じように随分お気に召していただいたご常連様より高評価をいただいていたのです。
間違いなく、一緒にいてくつろげる、癒しのオーラを備えている女性です。
おっとり優しげ、まるで彼女の周りだけ、少しだけゆっくり、優雅に時が流れているかのような錯覚にとらわれてしまうのです。

スタイルのよい美熟女がお好きな方にオススメ致します。
の「中島由香里」さん

中島由香里

得意技:
Mだと思いますので…。受け身がよいのかなと。
主人は優しくて、そしてちゃんとありますし完璧な旦那なんです。 でも、わたしは知ってしまったんです。そんな主人に秘密があることを…。 …わたしにも変わらず愛情を注いでくれる…。でもそんな偽善的な行為にわたしの気持ちは冷えてしまって…。 わたしの魅力が無くなってしまったのでしょうか…。わたしにそれを再確認させてください。
品質をして語らしむ…。こう冠したタイトルの通販を最近見かけるようになった。
良いものはよい。価格に見合った価値を見いだせるものなのである。
間に合わせに使うツールなら百円で購入出来るもので構わないが、本格的に取り組むのなら上質な道具を使うことによってその出来映え、工作時間すら大きく変わってくるものなのである。

以前のわたしは(直接作業に関わる職人では無かったが)製罐工場での作業に従事するものであった。
そこでの作業に欠かせない道具として『シャコ万力』というものがあった。材料を重ねてはさみ付け固定したりするためのものだ。
ホビーに使うなら百円ショップにあるC型クランプでもよいのでしょう。しかしプロが使うには使い勝手が考え抜かれ、磨き抜かれた道具“えびのシャコ万”でないと駄目なのだ。(えびのシャコ万とはロブスターツールズ=㈱ロブテックスのシャコ万力のことをわたしが勤めていた工場では愛称でそう呼んでいた。)

㈱ロブテックスのホームページでは“完全な熱処理により特殊鋼のもつ特性である強靭さが充分発揮されています。精密な鍛造と相まって長期間のご使用にも耐えます。ネジは精密な角ネジでガタが少なく、しかもスムーズに開閉し、使用中に弛む心配がありませんので、安心してご使用いただけます。”と謳っている。
まさにそうなのだ。以前わたしがお遊びで使ったC型クランプは鍛造でなく、鋳物だったため金属疲労で、締め込んだときに弓の部分が折れてしまったことがある。プロの使用に耐えないものだったのだ。

これは“プロ仕様の道具”を語る一例なのだが、そんな例は枚挙に暇がない。THE NIKKKEI MAGAZINE 5月号には『町工場の小宇宙(コスモス)』というタイトルで、そんな素敵な“こだわりの道具”がたくさん紹介されていて、大変興味深かった。

はてさて、サービスのプロを標榜しなければならない私たちに求められる“TQC=トータル・クオリティ・コントロール”は答えがどこにあるのだろうか。この品質基準は工業製品のように計測器で計られるものでは無いが…難しい課題である。

体験出勤の折りには、この女性を“男性一般のこだわりの道具=自動車”に、しかも高級車になぞらえて軽く紹介をした。
それはわたしの中では、彼女『中島由香里』がそうしたものになぞらえても負けないとの自信の顕れであることをあらためて書き記しておく。

敏感で、スタイルがよい(型くずれのないFカップ!) 抱き心地もよいアラフォー奥様。既にお熱のお客様もちらほらと…♪ レア出勤ではありますけれども、忙しい合間を縫ってお越しいただいてもきっとご満足いただけるに違いない。
の「河本あや」さん

河本あや

得意技:
責められることが多いので…よくわからないです。
よく怖そうとか言われてしまうですけど、もともと照れ屋サンですカラ、すぐに紅くなります。 ハズカシイと疼くので…。たくさんの人に会いたいです。
今回はすこし変わったご経験をご提案出来るものと存じます。その内容は秘密ですが…(笑)

またもや、30代後半にさしかかるお年ながら、165の長身に見事なスレンダースタイル、しかもご覧いただけるとおり、胸元には確かなふくらみ♪抜群のボディを備えた美人です。

近年、アジア圏の交流が深くなったようで、CMなどに出演している女優さんは本当に各国の女性が多くなった…と実感する。韓国芸能界から“KARA”“少女時代”はテレビで見ない日は無い位だし、資生堂『TSUBAKI』の新CMは我らがエビちゃん、こじはる、希子ちゃんらと共に中国の新人アイドル(らしい!?)イエ・シーチーさんが出演しているし、アジエンスにはチョン・ジヒョンさんが。コーセーの『サロンスタイル リッチモイスチュア』にはリン・チーリンさん(台湾の女優)、花王の『エッセンシャル』にはビビアン・スーさんが出演していますね。特にアジアンビューティーの日本の芸能への進出は華々しいとさえ思ってしまいます。

男性であれば、史上で謳われる『絶世の美人』に思いを馳せた事の有る方も多い事でしょう。
沈魚落雁閉月羞花。
魚が泳ぎを忘れてしまうほどと(枕魚)といわれる“西施”
雁が落ちるほどと呼ばれる“王昭君”
月が恥じて雲に隠れてしまったと言われる三国志演義・呂布の愛人“貂蝉”
庭の花が妃の美貌と体から発する芳香に気圧されてしぼんでしまったと言われる“楊貴妃”

中国史らしい、やや大袈裟な表現と思うのだが、それぞれどれほどの美女であったのだろうと思いを馳せる楽しさは、人間の想像力有っての“たまもの”と思うのです。いや、むしろそのような愉しみ方の出来る男性こそ、性を愉しむイマジネーション=脳感の発達した、より高尚により奥深く“エロス”を愉しむ人だろうと考えるのです。

この女性は…そうした“イマジネーション”へのとば口、きっかけとしての経験を貴方にお届け出来る女性で有ろうと、貴方に“ある希有な経験”をお届け出来る女性としてご提案申し上げます。
われこそは…という酸いも甘いも味わい分けたこなれた男性にこそお勧め致します♪
の「原口いづみ」さん

原口いづみ

得意技:
ねっとりと丁寧なおフェラを褒めてくださいます。
やっぱりえっちが好きなんですね。 もうあまり主人に触れられることも無くなってきて。でもわたし自身はまだまだ女性として見られていたくて…。 今のわたしを“おんなとして”意識してくださいますか。
妖艶美熟女…♪

触れなば落ちん…といった風情の艶やかな、色気たっぷりの口元。
特別に何かをしていなくても、こう、あふれ出して満ちてくる、まるでドライアイスのような色気。まるで紫色の、黎明の日を浴びる靄のような…。
これだけの艶っぽさをみせるのには、やはりご主人との至って普通な艶事だけでは物足りないのでしょうね。

むっちりと張ったヒップや、つやのある巻き髪、形のよい誘うような唇はまるで、私たち男性に「もうアラフォーですけど…わたしってどうかしら…魅力有る?いけてるかしら?」そう問いかけてくるようです。
遠慮などいらない。いつも理性的で有る事はない。たまには彼女の毒々しい迄の艶気に酔い、思うままにむさぼってもよいのだ。
肩を抱き、胸をまさぐり、その艶やかな唇が半開きになったなら…遠慮無く唇を重ね、舌を絡めてむさぼればよい。
どこか悲しげな苦しげにひそめた眉、漏れる吐息はきっと貴方の満足感、征服感を満たしてくれる事だろう。
の「葉山さくら」さん

葉山さくら

得意技:
気持ちの良いところを遠慮無く言ってくだされば…頑張りますね。
女の子って、興味を持って接してくださる男性のことを好きになってしまうと思うんです。 わたしもそうなんです。早くに結婚した主人はもうわたしに興味がないみたい…。 ですから、わたしを女性として見てくださるこちらの男性とお会い出来るのがとっても楽しみなんです。 あわてんぼだったり、おしゃべりだったりするわたしですけど、どうぞよろしくお願い致します。
まだ20歳そこそこの若い時分には、こんなことをして無駄に時間をつぶしたものだ。
週刊プレイボーイなどの雑誌の、女の子がたくさん載っているページを開き、3~4人の友人と、「どれがタイプだ?」なんて、一斉に指を指す。指さした先がかぶったら、「おお~っ!」なんて歓声が揚がり、同じところを指さした同士には共感が生まれる。逆にひとり、全く誰もが指さないところを選んだとすると、なんとなく寂しい思いをしたりするものだ(笑)
わたしはどちらかと言うと皆が選ぶところによくかぶっていて、面白みのない『ミスター平均点』な男でしたが(笑)
閑話休題。以前にも紹介記事において、感性的認識としての美は定義が出来ないものなのでは…?ということを主張してきた。がしかし、統計論的な、相対的美人は存在するのである。
すなわち、先ほど書いたような、もっとより多くの男性の“選ぶ指先”が集中する女性=男性に選ばれる確率の高い女性が“美人”だということになるのである。
もちろんその時代背景や、流行などに影響され、“選ばれるポイント”の傾向は変わって来るに違いないが、時代の“共感”を絶大に獲得する女性は存在する。

あとは、そうした“共感を得る”女性“をいかにして見定めるか?”が問題だ。
わたしは世の男性からウケる“エッセンス”を感性的にキャッチすることが出来ているのか?
今回わたしが自信を持ってお勧め出来る女性『葉山さくら』は、皆様にどのように受け入れていただけるのか?
新たな女性をご紹介申し上げるときは毎回、まるで試験を受けているような気分である。
がしかしまあ、今回の“試験”は鉄板レース、合格間違い無しと、自信を持って言い切ってしまいます。

若妻でありながら、年の離れた旦那様との交渉は疎遠の“欲求不満小マダム”のそのプレイは、貴方を虜にすること間違い無しです。その火照る敏感柔肌をもてあましての入店(悦)…なのです。
女性らしい、敏感そうな柔肌の、抱き心地の良さそうなその躯は、まさに触れる指先からなにか“オーラ”を感じ取ってしまいそうなほど…。ある意味“動くパワースポット”であるかも♪
まさに当店が志すグレードにふさわしい“格別の”若奥様。目の肥えた当店のお客様が殺到する様子が目に浮かぶようです。

彼女の甘えるような上目遣い、鼓膜をくすぐる甘い嬌声を目の当たりにしたときの貴方の悦びよう、満足具合を想像しながら、皆様のお問い合わせをお待ち致しております。

☆葉山さくらのブログ
さくらの呟き箱/croozブログ
http://blog.crooz.jp/sakurahayama0401/
の「椎名理子」さん

椎名理子

得意技:
ネットリフェラ。
今の主人とお付き合いしていた20代前半の頃、二人でよくアダルトビデオを見ました。画面の向こう側で繰り広げられる男と女の激しい情事・・・女優さんの感じている姿、あの声に、ただただ圧倒されていたのを覚えています。女性ってこんなにも感じるんだ・・・その頃からでしょうか。AV女優さんに自分を投影するようになったのは・・・。もともと淡泊で精力減退気味の主人では、女性の悦びを感じることができません。どうか、オジサマの淫らな性技で、私を“大人の女”に導いてください。よろしくお願いします。
男の欲望の為に作られたアダルトビデオに魅了されている理子さん。誰かに頼まれて見ている訳でもない。仕事で見ている訳でもない。ただただ、画面の向こう側で繰り広げられる性の世界に羨望しながら見ている。そう、AV女優に自分を投影しながら・・・。

ご主人とは近所でも「仲がいいね」と評判の夫婦。しかし、理子さん曰く、夜の生活がほとんどなく、世間体だけの仮面夫婦だとか。主婦の日常はたいていが単調なもの。日々忙しくて性愛の欲望のみにかまけていられないのが、家庭を持つほとんどの女性が置かれている状況なのです。女としての欲望を潜在的に抱えていても、気が付かず通り過ぎてしまうことが多いのです。いま、自分の中に“牝”としての欲望がメラメラと燃え、息吹いているのを痛感しているという理子さん。夫以外の男性を前にして、「私も女だったのね・・・」と、改めて思い知らされるのでしょう。

シャツブラウスからはち切れんばかりの95センチGカップバスト。性感帯というそのたわわなバストを愛撫してやると、ご主人に後ろめたいのか、「いやっ!ダメ!」と抵抗するがそれがまた堪らない。純粋な心と若妻の性欲は全く別物、暫くすると火照った身体をくねらし悶絶し喘ぎまくる。東京ディズニーランドのインフォメーション係をしていたというコケットリーのある可愛い声が、オジサマ殺しの甘い喘ぎ声に変わっていくのです。

理子さんの豊満なバストを眺めていて、“バストは母性の象徴”であることを改めて痛感させられた俺。確かにその豊かな胸に顔を埋め、乳首に吸い付いている時に、男の脳裏からは日頃の雑念は一切消え、時には性欲すら覚えず、ただただ例えようのない安堵感に包まれることがある。バストが母性の象徴であるならば、Gカップの理子さんの母性もそれに比例して大きくなるはず。だからこそ彼女は献身的で、大きな愛情を持って我々男を包み込んでくれるのです。さあ、時には思い切り甘えよう。恥ずかしがることはない。みんな昔は子供だったのだから・・・。
の「滝川よしの」さん

滝川よしの

得意技:
今までがお付き合いのあった方のしたいようにしていましたので… このときはわたしが生徒になって、教えてくださればと。
よく言われるんですが、割と天然らしいんです、わたしって(笑) ほんとに睦言には疎いので(汗)いろいろ教えてくださると嬉しいです。今まで自分のえっちなこととかを、他の人と比べたりお話ししたり…なんていう機会も無かったので、どこか違っていることが無いかと、戦々恐々いや、興味津々なんです(笑) 意外とやる子かも知れませんよっ(笑)
美人度の高い女性はともすれば、冷たい印象を与えがち…クールな印象の女性だという表現を、何名かの女性ご紹介の折りにしてきました。
彼女もそう、バリッとした美形な女性です。その上、彼女の職歴はインストラクター系のお堅い職業…。どう見てもその外見、経歴からは(詳細はお話し出来ませんが)当店のカラーには合わないのでは…と最初は思いましたが、あわててはいけませんでした。
そうとは言っても、彼女には美人らしい、陽気な『プラスのオーラ』を身に纏っていました。お話ししている内に楽しい気分になってくる…。
先日、こんな記事を目にしたのだが、米・カリフォルニア州立大学の研究で、男性は“美女”と5分程お話をするだけで!男性ホルモンの分泌量が48%近くもアップし、それが健康のためにとてもよい効果をもたらす…というものだ。
会話の長さはあまり関係が無く、相手が“美女”であればあるほど、効果が高くなるのだとか。反対にお話しするのが“男性”であるときにはなんと!ホルモン量は低下してしまうのだそうです。
これはゆゆしき事態ではあ~りませんか(笑)
そうとなれば、元気でいたい男性諸君!なんとなく倦怠感な“近くのヒト”はさておいて、いや“近くのヒト”のためにいつまでも若々しく健康であるためには(笑) 彼女“滝川よしの”に逢いに来るべきなのです(笑)
ホルモン量アップを、わたくし喜多が保証致します(笑)

眉唾な話しはさておき、彼女自身の性癖を聞き出したところ、ステディに対してはしおらしく、従順に尽くすタイプだということなのです♪女性として充分に開拓された敏感ボディーをもてあましての…なのです。もちろん、全くの風俗未経験でありますから初々しい“抜き身のえろさ”も当然持ちあわせています。
詳しくはお伝えしませんが、“意外な”ポテンシャル、ハイスペックかも知れませんよ(謎)

彼女は…(またかと思われるかも知れませんが・汗) あるグラビア系女性タレントに激似です。あまりに似過ぎなので(汗)ここではその名前は挙げません。お会いになった方のみご納得いただけるかも知れませんね。
既に体験入店の折りに、幸運にも彼女と相まみえて、健康になっている人たちがいます(笑)
貴方も是非健康になりませんか?(アレ!?何か趣旨が変わってしまったような…?笑)
の「白土なみ」さん

白土なみ

得意技:
得意と言えるのかわかりませんが、フェラチオが好きです。気持ちよい仕方を教えていただきたいです。
ごめんなさい。ほんとはもっと気持ちよくなりたいのですが、見た目がおとなしいためか、あっさりとしたプレイになってしまいます。 実は、私の身体は感じやすく、濡れやすいみたいでいやらしい身体なんです。 おじさまにいやらしく責めていただけると嬉しいです。
私が、“エロ本大好き中学生”だった頃、同級生の友達に5歳年上のお姉さんがいて、その人に淡い恋心を抱いた私は、彼女がアルバイトをしていた近所のパン屋さんに、何度も何度も足繁く通ったものでした。結局、何も言い出せずに時は過ぎてしまいましたが、その淡い想いが年上好きという性癖になり、やがてさらにそれが熟女人妻好きへと昇華していくのですが・・・(笑)
それはさておき、『友達のきれいなお姉さん』に憧れたという方は、多いのではないでしょうか?
白土なみ・・・彼女の清楚さ、透明感、親しみの湧く人懐こい笑顔は、まさに!!私のイメージする、かの『友達のきれいなお姉さん』なのです。

初々しい若妻、白土なみ。
彼女に似合うもの・・・ミッシェル・ポルナレフをBGMにした春風。バゲットの紙袋をかごにのせた水色の自転車。白いエプロン、モスグリーン色のミトンとオーブンから出したばかりの焼きたてクッキー。ハーブの家庭菜園・・・

彼女とのプレイは・・・裸エプロンでのコスチューム・プレイなど、いかがでしょうか・・・
コーヒーなどをかいがいしく用意している彼女に後ろから迫ると、「もう・・・。しょうがないわね・・・」と、軽くふくらました頬を見せながらも、まんざらでも無い様子で・・・。
いやいやをしながら顔を背けつつも、「ふぅ・・・ん・・・ぅあぁ・・・」と次第に乱れる吐息。いつの間にか薄く閉じた瞳は潤み、聞き取れないほどの微かな声で、「あぁ・・・ん・・・もぅ・・・好きにして・・・」とつぶやく。よほど感じやすいのか、秘めやかなその部分に指をそよがせると、ぬめった感触・・・見れば指は艶やかな光沢をともなっている。

それは・・・彼女の清楚な見た目からは想像もつかない、彼女との時を共にした貴方だけが知ることとなる、淫らに輝く濡れた指先の感触なのです。

『友達のきれいなお姉さん』に淡い想いを抱いたことのある貴方・・・甘酸っぱい記憶とともに、彼女を抱いてみませんか・・・
  • 新人
  • 体験入店
  • 人妻
  • 巨乳
  • 妊婦
  • 未経験
  • 外人
  • AV女優
  • モデル

(c) tumaichi.net ALL Rights Reserved.
人妻風俗店の無料掲載募集